• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 10515
  • 公開日時 : 2018/06/21 13:30
  • 更新日時 : 2018/07/19 08:22
  • 印刷

ウイルスバスター コーポレートエディションとの共存環境でAgentインストーラーが正常に動作しない

「InfoTrace PLUS」とトレンドマイクロ株式会社「ウイルスバスター コーポレートエディション(以下、ウイルスバスター Corp.)
クライアント」を併用している環境で、「InfoTrace PLUS」のAgentインストーラが正常に動作しません。

手動でAgentインストーラを実行すると、「データファイルの解凍に失敗しました」のエラーメッセージが表示されます。
対応策について教えてください。
カテゴリー : 

回答

「InfoTrace PLUS」とトレンドマイクロ株式会社「ウイルスバスター Corp. クライアント」を併用している環境で、
「InfoTrace PLUS」のAgentインストーラが正常に動作しない場合、以下の手順を実施いただき正常に実行できるかご確認ください。
 
 ■手順
 1. ウイルスバスターCorp. の管理コンソールを開きます。
 
 2. [クライアント]>[クライアント管理]に移動し、対象のクライアント或いは、ドメインを選択します。
 
 3. [設定]メニューを開き、[挙動監視設定]を選択、[挙動監視設定]ダイアログを開きます。
 
 4. [除外]セクションに移動し、[プログラムのフルパスを入力してください]の欄に下記の記載を行います。
 
  Agentインストーラ(「SolAgt.exe」、コンフィグディスクの場合は「SolAgtUpdt.exe」)を
  配置しているフォルダのフルパスを指定してください。
 
  例)
   ・Agentインストーラを「C:\ITP」に配置している場合
    C:\ITP\SolAgt.exe
    C:\ITP\SolAgtUpdt.exe

   ・Agentインストーラを共有フォルダ「\\server1\share」に配置している場合
    \\server1\share\SolAgt.exe
    \\server1\share\SolAgtUpdt.exe

  Agentアップデートジョブを使用するには下記もご登録ください。
 
  ▽Agentインストーラ用の挙動監視対象外ファイル
   C:\ProgramData\Soliton Systems\Soliton Smart Security\e-Care\Agent\Temp\SolAgt.exe
   C:\ProgramData\Soliton Systems\Soliton Smart Security\e-Care\Agent\Temp\SolAgtUpdt.exe
   C:\ProgramData\Soliton Systems\Soliton Smart Security\e-Care\Agent\Temp\UpdateImage\SolAgt.exe
   C:\ProgramData\Soliton Systems\Soliton Smart Security\e-Care\Agent\Temp\UpdateImage\SolAgtUpdt.exe
 
   ※システムドライブがCドライブ以外の場合には「C:」の箇所を置き換えてください。
 
 5.[承認済みリストに追加] をクリックし[保存]をクリックします。
 
 
 ■参考
  下記FAQもあわせてご確認ください。
 
   FAQ.1713 ウイルス対策ソフトで除外すべきフォルダがあれば教えてください
   https://secure.okbiz.okwave.jp/faq-soliton/faq/show/1713

 

FAQで解決しなかったら

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます