• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 10937
  • 公開日時 : 2019/03/01 15:52
  • 更新日時 : 2019/03/11 10:14
  • 印刷

Windows版SecureBrowser Proをローカル管理者権限を持たない標準ユーザーでご利用の場合、 専用ビューアーが起動できない場合がある

Windows版SecureBrowser Proをローカル管理者権限を持たない標準ユーザーでご利用の場合、専用ビューアーが起動できない場合がある
カテゴリー : 

回答

[対象製品]
Windows版 Soliton SecureBrowser Pro V1.8.4およびV1.8.5
 
[対象OSバージョン]
Windows OS(Windows 7、8.1、10)
 
[内容]
■問題の内容
「Windows版 Soliton SecureBrowser Pro(以下、SSB Pro)」で、
ローカル管理者権限を持たない標準ユーザーの環境でSSB Proをご利用の場合、
特定条件下において「SSB Proの専用ビューアー(以下、ビューアー)」が正常に起動しない問題がございます。
 
発生する例、発生しない例は具体的には下記です。
 
○発生する例:
・該当バージョンのSSB Proを新規インストール、または上書きアップデート後、
 管理者権限を持ったユーザーで最初にビューアーを起動していた場合、
 管理者権限を持たないその他の標準ユーザーではビューアー起動ができません。
 キッティング時に管理者ユーザーでビューアー起動確認も行ってから端末配布、
 OSイメージ展開を実施している場合などが該当します。
 
  ※キッティング時ビューアー起動確認までは行っていない、配布後も管理者権限
   を持ったユーザーでご利用の場合は発生しません。
 
・該当バージョンのSSB Proを新規インストール、または上書きアップデート後、
 最初にビューアーを起動した標準ユーザー「以外」の、その他全ての標準ユーザー
 ではビューアーが起動できません。 
 標準ユーザーで共有端末をご利用の場合などが該当します。
 
○発生しない例:
・該当バージョンのSSB Proを新規インストール、または上書きアップデート後、
 最初にビューアーを起動した標準ユーザーでご利用を続けた場合は、ビューアーが起動できます。
 キッティング時はSSB Proインストールのみでビューアー起動確認までは行っておらず、
 配布後に標準ユーザーで初めてビューアー起動を行う環境であればビューアーが起動できます。
 
■回避策
対策版であるV1.8.6をご利用ください。
 
 ※ご利用バージョンから上書きアップデートが可能です。

FAQで解決しなかったら

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます