• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 11651
  • 公開日時 : 2019/12/06 16:07
  • 印刷

Android 10のMACアドレスランダム化で受ける影響について教えてください

Android OSはAndroid 10よりMACアドレスのランダム化がデフォルトで有効になりました。
これにより、NetAttest EPSではどのような影響が考えられますか?
カテゴリー : 

回答

Android 10で行われた仕様変更により、NetAttest EPSにてMACアドレスを用いた認証、チェックアイテムの評価を行っている場合、以下の影響があることを確認しています。
 
[詳細]
Android 10では、MACアドレスのランダム化がデフォルトで有効になっています。Androidデバイスを対象にMACアドレス認証や認証時にRADIUSのチェックアイテムを利用して端末のMACアドレスを評価している環境では、端末が送出する送信元MACアドレスが一定しないことから正規の端末であっても認証に失敗することがあります。
 
[対処]
下記をご検討ください。
・Android OSでの無線LAN設定にある「プライバシー」にて、[デバイスのMACを使用する]を選択する()
・IEEE802.1X認証など、MACアドレス情報を用いない認証に切り替える
 
)Android OSでの無線LAN設定にある「プライバシー」にて、[デバイスのMACを使用する]を選択するとAndroid 10より搭載されたMACアドレスランダム化機能がOffになり、Onの場合と比較して第三者に端末を識別されやすくなります。対処方法の選択はお客様にてご検討ください。
)ご利用のAndroid端末によっては、MACアドレスのランダム化機能をOffにする設定が異なったり、設定ができなかったりする場合があります。詳しくはAndroid端末のメーカーまたは代理店までご確認ください。

FAQで解決しなかったら

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます