FAQ(よくあるご質問)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2103
  • 公開日時 : 2013/03/26 18:37
  • 印刷

IDAdmin v7.0から搭載された監査機能と特長について知りたい

IDAdmin v7.0から搭載された監査機能と特長について知りたい
カテゴリー : 

回答

【対象バージョン】 7.0以降

最新バージョン7.0のIDAdminでは従来の差分NUIを作成して処理させる「直接更新(従来)モード」の他に、内部統制を支援する監査機能と搭載した「マスター反映モード」の運用が可能となっており、こちらでの運用を推奨しています。

「マスター反映モード」ではもはやNUI(CSV)の作成は不要であり、IDマスターとポリシーマスターという2つのマスターファイルを常に最新状態にメンテナンスする ことにだけ注力いただければあとは、監査エンジンがそのマスターと実際のディレクトリとの整合性をチェックし、新規登録・異動や削除などの一般的な異動処理はもちろんのこと、不正アカウントの検出・削除などもリカバリ処理として実行されるようになっています。

ご利用方法

●サポートサービスをご契約のお客様
 必ずトップ画面に移動して専用アカウントでログインしてからご利用ください。
 ログイン後、多数の技術情報を公開しております。アカウントがご不明な方は、こちらをご覧ください。

●クラウドサービスをご利用のお客様
 以下のサービスをご利用のお客様は、[Soliton Cloud Service Login Portal]にログイン後、メニューの「FAQ」アイコンをクリックしてご利用ください。

  OnDemandサービス / InfoTrace Mark II Cloud / SSBサービス / Soliton DNS Guard

 SecureDesktopサービスなど他のクラウドサービスは、トップ画面から「一般ユーザー様向けFAQ」をご覧ください。

FAQで解決しなかったら

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください。
また、分かりにくい、探していた内容でない場合には、内容充実のためどのような内容を希望されていたのか、ご入力いただけると幸いです。
お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます。お手数ですが「お問い合わせフォーム」をご利用ください。