• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2113
  • 公開日時 : 2013/03/26 18:37
  • 印刷

【LDAP機能】 独自拡張されたユーザーオブジェクトは処理対象とできるか?

【LDAP機能】 独自拡張されたユーザーオブジェクトは処理対象とできるか?
カテゴリー : 

回答

【対象バージョン】 6.2.X

注)v7.0でのLDAPユーザ管理機能の提供はv7.0.6(2007年11月出荷予定)になる予定です。

はい。IDAdminのLDAP Managerでは、「Top/Person/OrganizationalPerson/InetOrgPerson」の4つのオブジェクトクラスで構成されたユーザオブジェクト内のすべての属性(Attribute)を処理対象とすることができます(デフォルト設定)。
さらに要望に応じて、「Top/OrganizaitonalPerson」を含む任意複数のオブジェクトクラスで構成されたユーザオブジェクトも処理対象とすることができます。
(いずれの場合もIDAdminの必須管理項目である[登録コンテナ関連属性(o,ou)]/[cn]/[sn] の属性群は含まれている必要があります)

FAQで解決しなかったら

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます