FAQ(よくあるご質問)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2113
  • 公開日時 : 2013/03/26 18:37
  • 印刷

【LDAP機能】 独自拡張されたユーザーオブジェクトは処理対象とできるか?

【LDAP機能】 独自拡張されたユーザーオブジェクトは処理対象とできるか?
カテゴリー : 

回答

【対象バージョン】 6.2.X

注)v7.0でのLDAPユーザ管理機能の提供はv7.0.6(2007年11月出荷予定)になる予定です。

はい。IDAdminのLDAP Managerでは、「Top/Person/OrganizationalPerson/InetOrgPerson」の4つのオブジェクトクラスで構成されたユーザオブジェクト内のすべての属性(Attribute)を処理対象とすることができます(デフォルト設定)。
さらに要望に応じて、「Top/OrganizaitonalPerson」を含む任意複数のオブジェクトクラスで構成されたユーザオブジェクトも処理対象とすることができます。
(いずれの場合もIDAdminの必須管理項目である[登録コンテナ関連属性(o,ou)]/[cn]/[sn] の属性群は含まれている必要があります)

ご利用方法

●サポートサービスをご契約のお客様
 必ずトップ画面に移動して専用アカウントでログインしてからご利用ください。
 ログイン後、多数の技術情報を公開しております。アカウントがご不明な方は、こちらをご覧ください。

●クラウドサービスをご利用のお客様
 以下のサービスをご利用のお客様は、[Soliton Cloud Service Login Portal]にログイン後、メニューの「FAQ」アイコンをクリックしてご利用ください。

  InfoTrace 360 / OnDemandサービス / Mark II Cloud / SSBサービス / Soliton DNS Guard

 SecureDesktopサービスなど他のクラウドサービスは、トップ画面から「一般ユーザー様向けFAQ」をご覧ください。

FAQで解決しなかったら

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください。
また、分かりにくい、探していた内容でない場合には、内容充実のためどのような内
容を希望されていたのか、お聞かせください。
ご要望の詳細をお伺いさせていただく場合がありますので、
連絡先のメールアドレスをご記入いただけると幸いです。
お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます。お手数ですが「お問い合わせフォーム」をご利用ください。