FAQ(よくあるご質問)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2114
  • 公開日時 : 2013/03/26 18:37
  • 印刷

【Notes機能】異なるバージョンが混在する場合のIDAdmin適用条件

【Notes機能】異なるドミノバージョンが混在する場合のIDAdmin適用条件
カテゴリー : 

回答

【対象バージョン】 6.0E以降

基本的な考え方は、IDAdminも内部では管理クライアントと同じAPIを通して処理をしていますので、異なるバージョンが混在する場合にはまず、「IDAdminがない状態で標準の管理クライアントから登録されたユーザがメール運用含めて正常な運用が可能となるシステム構成」を確認(IBM社による保証が必要)いただき、そのシステム構成に合わせて、IDAdminを導入いただく必要があります。

<適用判断例>
例えば、以下システム構成での正常運用がIBM社によって保証されているとします。

1)登録先ドミノサーバ:サーバA(ドミノ6)
2)登録アドレス帳:R5ベース
3)管理クライアントPC:NotesR5管理クライント

この場合には3)の管理クライアントマシンにIDAdminを導入し、
登録サーバをサーバA、処理対象のアドレス帳をR5形式にセットすることでIDAdminの正常動作が保証されます。

ご利用方法

●サポートサービスをご契約のお客様
 必ずトップ画面に移動して専用アカウントでログインしてからご利用ください。
 ログイン後、多数の技術情報を公開しております。アカウントがご不明な方は、こちらをご覧ください。

●クラウドサービスをご利用のお客様
 以下のサービスをご利用のお客様は、[Soliton Cloud Service Login Portal]にログイン後、メニューの「FAQ」アイコンをクリックしてご利用ください。

  InfoTrace 360 / OnDemandサービス / Mark II Cloud / SSBサービス / Soliton DNS Guard

 SecureDesktopサービスなど他のクラウドサービスは、トップ画面から「一般ユーザー様向けFAQ」をご覧ください。

FAQで解決しなかったら

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください。
また、分かりにくい、探していた内容でない場合には、内容充実のためどのような内
容を希望されていたのか、お聞かせください。
ご要望の詳細をお伺いさせていただく場合がありますので、
連絡先のメールアドレスをご記入いただけると幸いです。
お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます。お手数ですが「お問い合わせフォーム」をご利用ください。