FAQ(よくあるご質問)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2487
  • 公開日時 : 2013/03/29 18:12
  • 更新日時 : 2021/06/01 14:43
  • 印刷

NetAttest EPSが利用可能な外部データベースについて教えてください。

NetAttest EPSでは、既存のデータベースに登録されている情報を認証に利用する事は可能ですか?
カテゴリー : 

回答

NetAttest EPSでは、ユーザーの情報をローカルデータベースで管理しています。
また、幾つかの外部の情報資源を参照・連携により取得し、NetAttest EPSのユーザー認証に利用する事が可能です。


■利用可能な外部データベース

NetAttest EPSでユーザー認証情報として利用可能ものは下記の通りです。
  1. Windowsドメイン
    Windows Active Directoryドメインに登録されているユーザー情報を認証に利用します。
     
  2. 外部LDAPデータベース
    外部のLDAPデータベース上に登録されているユーザー情報を認証に利用します。
     
  3. 外部RADIUSシステム
    RADIUSプロキシ機能により、受信した認証要求を他のRADIUSに転送し、認証します。

■製品シリーズによる制約

NetAttest EPSでは、製品により利用が可能な外部データベースが異なります。各製品で利用が可能な外部データベースは下表の通りです。
 
 
EPS-SX
EPS-ST
EPS-DX
 
標準
ドメイン連携オプション
標準
機能拡張オプション
標準
Windows AD ドメイン
外部LDAPデータベース
外部RADIUSシステム
[○:対応、―:非対応]
 

NetAttest EPSが対応するデータベースであっても、外部データベース側の仕様(格納している内容や情報へのアクセスポリシーなど)により正常に連携や参照が実施できない可能性があります。導入に際しては事前の動作確認を推奨します。

ご利用方法

●サポートサービスをご契約のお客様
 必ずトップ画面に移動して専用アカウントでログインしてからご利用ください。
 ログイン後、多数の技術情報を公開しております。アカウントがご不明な方は、こちらをご覧ください。

●クラウドサービスをご利用のお客様
 以下のサービスをご利用のお客様は、[Soliton Cloud Service Login Portal]にログイン後、メニューの「FAQ」アイコンをクリックしてご利用ください。

  OnDemandサービス / InfoTrace Mark II Cloud / SSBサービス / Soliton DNS Guard

 SecureDesktopサービスなど他のクラウドサービスは、トップ画面から「一般ユーザー様向けFAQ」をご覧ください。

FAQで解決しなかったら

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください。
また、分かりにくい、探していた内容でない場合には、内容充実のためどのような内
容を希望されていたのか、お聞かせください。
ご要望の詳細をお伺いさせていただく場合がありますので、
連絡先のメールアドレスをご記入いただけると幸いです。
お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます。お手数ですが「お問い合わせフォーム」をご利用ください。