• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 6255
  • 公開日時 : 2015/07/10 14:40
  • 更新日時 : 2018/03/02 09:42
  • 印刷

AnalysisServerサービスが起動しません

以下のような状況において、AnalysisServerサービスが起動しません。
・新規インストールを実施し、インストールが完了した
・アップデートパックを適用し、適用が完了した
・別アプリケーションのインストールなど、環境が変わった後にサーバーの再起動をした
カテゴリー : 

回答

AnalysisServerは、インストール時の空き物理メモリの量に応じて、使用するメモリ量を調整しています。インストール時の空き物理メモリからメモリ量が少なくなった場合や、AnalysisServerアップデートによる内部仕様の更新によって、AnalysisServerサービスが起動しなくなる場合があります。
 
インストール時の空き物理メモリが4GB以上(4GB以上のメモリを搭載したマシンが該当します)でAnalysisServerサービスが起動しない現象が発生した場合、下記の対処方法で改善されるかご確認ください。
 
●現象
・AnalysisServerのサービスが起動しない
・TraceBrowser Webを起動するとブラウザに「このページは表示できません」と表示される
 
●対処方法
以下の作業で、AnalysisServerの使用する物理メモリ量を減らすことで、起動できるようになるかご確認ください。
なお、空き物理メモリ量が4GB未満の環境と同等の設定になりますが、製品動作においては最適な値であり、動作環境、および、サイジングガイドに記載の環境においては、影響が無いものと考えております。
 
本作業は、AnalysisServerサービスで行います。
 
1. 以下の弊社URLからzip圧縮したレジストリファイルをダウンロードしてください。
 
 ※このレジストリファイルによって、メモリ使用量が調整されます。
 
2. ダウンロードしたファイルを解凍します。
 
3. ダブルクリックして実行し、レジストリを更新します。
 
4. AnalysisServerサービスが起動することを確認してください。
 
※OS、および、その他サービスの再起動は必要ありません。
この対処を行っても起動しない場合は、障害レポート(SSSDiag)を取得の上、弊社コンタクトセンターにご連絡ください。
 
▽SSSDiagの取得方法
 

FAQで解決しなかったら

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます