• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 8110
  • 公開日時 : 2016/07/19 09:39
  • 更新日時 : 2016/08/05 18:42
  • 印刷

Windows 10で証明書サービスページにアクセスするとエラーが出て申請できません

NetAttest EPS V4.4.xを使用しています。
Windows 10 / Internet Explorer 11 で証明書サービスページにアクセス
したところ、エラーが表示されて証明書が申請できません。
 
カテゴリー : 

回答

NetAttest EPS V4.4.x までは、現在のV4.6/V4.8とは異なる仕組みで
証明書サービスページを提供しています。
そのためWindows 10 / Internet Explorer 11 でアクセスすると

・メニューの[証明書要求]をクリックしたとき
  「CSPリストが取得できませんでした。必要なActiveXコントロールがブロック
  されている可能性があります。ブラウザのセキュリティ設定を確認してください」
  というメッセージが表示される
 
・そのまま[要求の作成]ページで[OK]ボタンを押すと、
  「プロファイルにて指定されている Microsoft Enhanced Cryptographic
  Provider v1.0 は存在しません」
  というメッセージが表示される

という症状で証明書の申請ができません。

V4.4.x以前のファームウェアはすでにサポートを終了しており、最新の環境
であるWindows 10 / Internet Explorer 11ではご利用いただけません。
最新版へバージョンアップをご検討ください。
 

FAQで解決しなかったら

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます