• No : 4866
  • 公開日時 : 2015/07/23 11:00
  • 更新日時 : 2019/10/04 11:00
  • 印刷

2012以降のOSで「SQL データベース ( Manager ) のアタッチに失敗しました」というエラーが出ます

Windows Server 2012または2012 R2において、Soliton Smart Security Controller(e-Care Controller)のセットアップにおいて、「SQL データベース ( Manager ) のアタッチに失敗しました」というエラーが表示されます。原因と対処方法について教えてください。
カテゴリー : 

回答

Soliton Smart Security Controller(e-Care Controller)等の一部のソフトウェアを動作するために、「.NET Framework 3.5」「.NET Framework 4」(※1)を必要とします。Windows Server 2016では、さらに「KB3164398」(※2)が必要です。
 
インストールされていない場合、通常自動でインストールを行いますが、Windows Server 2012以降(クライアントOSの場合はWindows 8以降)の新しいOSにおいては、 下記のOSの制限により、Windows Update サイトに接続できない環境では「.NET Framework 3.5」および、Windows Server 2016では「KB3164398」がインストールされません。
 
---------------------------------------------------------------------
<2018/07/13 追記>(※2)
Windows Server 2016では、e-Care Controller/e-Care Managerに使用する「SQL Server 2016 Express」がインストールされますが、「KB3164398」がインストール要件となります。
インターネットに接続可能な環境(Windows Updateサイトに接続可能な環境)でインストールを行うか、
または接続できない場合は、事前に手動で「KB3164398」をインストールしておく必要があります。
 
 
 ●SQL Server 2016 MSVCRT 前提条件に対する緊急更新プログラム (KB3164398)
  https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=52687
---------------------------------------------------------------------
<2015/07/23 追記>(※1)
「.NET Framework 4」は、e-Care Controller/e-Care Managerに使用する「SQL Server 2014 Express」の動作に必要です。
.NET Framework 4は、デフォルトで有効化されているため、別途有効化する必要はありません。無効化している場合は、事前に有効化を行ってください。
 
 ●SQL Server 2014 Express 日本語版 x86 インストール要件
---------------------------------------------------------------------
 
 ●.NET Framework 3.5 インストール エラー: 0x800F0906、0x800F081F、0x800F0907
 
「.NET Framework 3.5」がインストールされていない状態で、V3.2.6新メディア(SSS326_2)を使用して「Soliton Smart Security Controller(e-Care Controller)」のインストールを行った場合、インストール中において下記の画面が表示され、インストールが正常に完了しません。
 
「SQL データベース ( Manager ) のアタッチに失敗しました」
file_image
 
また、上記のメッセージで[OK]ボタンをクリック後、15分程度経過すると、同様なメッセージが表示されます。
 
「SQL データベース ( XXX) のアタッチに失敗しました」
※( XXX )は下記の様に毎回メッセージが変わります。
 
Manager → ManagerLog →ManagerLogData_000 → Performance → Controller → ControllerLog → ControllerLogData_000
 
このメッセージが合計7個程度表示され、1時間半程度経過すると、インストールが終了します。
インストールが終了してもソフトウェアは正常に動作していませんので、[コントロールパネル]-[プログラム]-[プログラムの機能]から「Soliton Smart Security Controller」をアンインストールしてください。
 
削除後に、.NET Framework 3.5を有効化したうえで、再度「Soliton Smart Security Controller」のインストールを行ってください。
 
 FAQ.4939 .NET Framework 3.5を有効化する方法
 https://secure.okbiz.okwave.jp/faq-soliton/faq/show/4939
 
なお、インストール中にOSを再起動するなどしてインストーラを強制的に中止させた場合、インストール・アンインストールもできない状態となります。
必ずWindows Update サイトに接続できる環境でManager系コンポーネントのインストールを実施するか、事前に 「.NET Framework 3.5」をインストールしてください。
 
 
事前に「.NET Framework 3.5」をインストールしたにも関わらず、同様のエラーメッセージが表示される場合には、下記をご参照ください。

 FAQ.3053 「SQL データベース ( Manager ) のアタッチに失敗しました」というエラーが出ます
 https://secure.okbiz.okwave.jp/faq-soliton/faq/show/3053

 

万が一、インストールもアンインストールもできなくなった場合は、以下の情報を取得いただきコンタクトセンターまでお問い合わせください。
お問い合わせいただきましたら、アップロード先をご案内します。

●取得いただく情報
・障害レポート作成ツール(SSSDiag)

 SSSDiagを実行し、生成されたファイルをご提供ください。

  ▼SSSDiagの取得方法
  https://secure.okbiz.okwave.jp/faq-soliton/faq/show/4476

・SQLServer Expressのセットアップログ

 以下フォルダにあるログをZIPなどに圧縮してご提供ください。

  C:\Program Files (x86)\Microsoft SQL Server\120\Setup Bootstrap\Log
  C:\Program Files (x86)\Microsoft SQL Server\130\Setup Bootstrap\Log
  ※ Cドライブにインストールされている場合
  ※ OSにより120または130どちらかのフォルダになります

  ▼SQL Server セットアップ ログ ファイルの表示と読み取り
  https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms143702%28v=sql.120%29.aspx