• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

FAQ番号で検索

『 機能・特長 』 内のFAQ

6件中 1 - 6 件を表示

1 / 1ページ
  • NUIデータとはどのような形式か?

    NUIデータは、Notes/NT/ActiveDirectory/SmartOnNEO/LDAP/UNIXの各プロバイダ毎に定義されており、定義の並びどおりにCSV、もしくはXML形式(タグの形式はSUAで定義されています)で記述することができます。以下はNotesとActiveDirectoryの新規登録処理用... 詳細表示

    • No:2108
    • 公開日時:2013/03/26 18:37
  • ベースデータとは?

    ベースデータは、人事異動に関する基本的な情報(社員番号/名前情報/部署名/役職名など)で構成される簡易な処理データです。ベースデータは、次の3つのパートに分割されます。1) 基本項目2) 追加項目3) ユーザー指定項目1)基本項目すべてのプロバイダ、処理において共通して必要となる9つの項目です。1:プロパイダ区分... 詳細表示

    • No:2107
    • 公開日時:2013/03/26 18:37
  • 基本的なユーザ処理の流れ

    各プロバイダのアカウント処理を行なう場合、基本的な流れは以下のようになります。1) 処理内容を記述したNUIデータを作成2) 処理エンジンへリクエスト送信2)の処理エンジンへのリクエスト送信は、SUAでは「監視ツール」を提供しておりますので、この仕組みを利用すればエンジンへリクエストを送信し、処理を開始させること... 詳細表示

    • No:2106
    • 公開日時:2013/03/26 18:37
  • 導入メリットは何か?

    ●自動運転の仕組みIDAdmin(旧UserAdmin)はエンジンへの送信、処理の実行、もしくは進捗のステータス確認などにおいて管理者が介在することのない、手離れのいい自動運転の仕組みを標準提供。●処理のカバー範囲NotesのメールDB移動やNTやActiveDirectoryのホームディレクトリの移動など、ユー... 詳細表示

    • No:2105
    • 公開日時:2013/03/26 18:37
  • 人事DBと連携した処理システムを容易に構築可能な理由は?

    IDAdmin(旧UserAdmin)は、ユーザ毎の処理用パラメータをNUIファイル(CSV)として読み込ませることにより、ユーザー情報の登録、移動、更新といった作業を、更新エンジンとして直接システムに対して動作実行します。逆にユーザー情報を独自に中間DBに格納しその変更を非同期的に各システムに反映させる、いわゆ... 詳細表示

    • No:2104
    • 公開日時:2013/03/26 18:37
  • IDAdmin v7.0から搭載された監査機能と特長について知りたい

    【対象バージョン】 7.0以降 最新バージョン7.0のIDAdminでは従来の差分NUIを作成して処理させる「直接更新(従来)モード」の他に、内部統制を支援する監査機能と搭載した「マスター反映モード」の運用が可能となっており、こちらでの運用を推奨しています。 「マスター反映モード」ではもはやNUI(CSV)の作成... 詳細表示

    • No:2103
    • 公開日時:2013/03/26 18:37

6件中 1 - 6 件を表示