FAQ(よくあるご質問)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2880
  • 公開日時 : 2013/05/21 11:28
  • 印刷

【AccessAnalyzer2】不要な操作ログが取得されないようにしたい

ユーザは単純な操作(文書READやCREATE)だけ実行しているのに、同じタイミングで不要な複数の操作ログが取得されてしまっている。回避する方法はないか?
カテゴリー : 

回答

【対象バージョン】 6.1以降

AccessAnalyzer2では、ドミノ側で発生する操作イベントをキャッチし記録しますが、DBの設計によってユーザ操作のタイミングで別の設計要素(サブフォーム等)が内部でアクセスされるような場合、それらの挙動もやはりユーザによってトリガーされた一連の操作イベントとして記録されてしまうために発生する現象です。
本現象はv6.4以降において記録されないような設定が可能となりました。v6.4以降では監視対象外としたい任意複数の設計フォーム名(前述の本来取得対象としたくないサブフォーム等)をDB毎に明示的に指定可能となり、間接的なアクセスによって発生するログは取得対象外とできるようになっています。
一つのDBに対して同一ユーザのアクセスログが短時間に複数記録されてしまうようなDBが存在するような場合には、この監視対象外フォームの指定機能を利用することによりログ量の低減を図ることが可能です。
(監視対象外として指定すべきフォーム名を知るための簡易な方法について補足します。設定ユーティリティの「監視データベース設定」画面においてフィールド名の指定に""form""を選択設定して、一度アクセスログを取得します。不要と思われるアクセスログ中の「フィールド値」に格納されているのがアクセスされたフォーム名になりますので、これらの不要なフォーム名をすべて「監視対象外フォーム名」として設定しておきます)

ご利用方法

●サポートサービスをご契約のお客様
 必ずトップ画面に移動して専用アカウントでログインしてからご利用ください。
 ログイン後、多数の技術情報を公開しております。アカウントがご不明な方は、こちらをご覧ください。

●クラウドサービスをご利用のお客様
 以下のサービスをご利用のお客様は、[Soliton Cloud Service Login Portal]にログイン後、メニューの「FAQ」アイコンをクリックしてご利用ください。

  OnDemandサービス / InfoTrace Mark II Cloud / SSBサービス / Soliton DNS Guard

 SecureDesktopサービスなど他のクラウドサービスは、トップ画面から「一般ユーザー様向けFAQ」をご覧ください。

FAQで解決しなかったら

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください。
また、分かりにくい、探していた内容でない場合には、内容充実のためどのような内
容を希望されていたのか、お聞かせください。
ご要望の詳細をお伺いさせていただく場合がありますので、
連絡先のメールアドレスをご記入いただけると幸いです。
お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます。お手数ですが「お問い合わせフォーム」をご利用ください。