• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2103
  • 公開日時 : 2013/03/26 18:37
  • 印刷

IDAdmin v7.0から搭載された監査機能と特長について知りたい

IDAdmin v7.0から搭載された監査機能と特長について知りたい
カテゴリー : 

回答

【対象バージョン】 7.0以降

最新バージョン7.0のIDAdminでは従来の差分NUIを作成して処理させる「直接更新(従来)モード」の他に、内部統制を支援する監査機能と搭載した「マスター反映モード」の運用が可能となっており、こちらでの運用を推奨しています。

「マスター反映モード」ではもはやNUI(CSV)の作成は不要であり、IDマスターとポリシーマスターという2つのマスターファイルを常に最新状態にメンテナンスする ことにだけ注力いただければあとは、監査エンジンがそのマスターと実際のディレクトリとの整合性をチェックし、新規登録・異動や削除などの一般的な異動処理はもちろんのこと、不正アカウントの検出・削除などもリカバリ処理として実行されるようになっています。

FAQで解決しなかったら

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます