• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2105
  • 公開日時 : 2013/03/26 18:37
  • 印刷

導入メリットは何か?

導入メリットは何か?
カテゴリー : 

回答

●自動運転の仕組み

IDAdmin(旧UserAdmin)はエンジンへの送信、処理の実行、もしくは進捗のステータス確認などにおいて管理者が介在することのない、手離れのいい自動運転の仕組みを標準提供。


●処理のカバー範囲

NotesのメールDB移動やNTやActiveDirectoryのホームディレクトリの移動など、ユーザの属性変更だけに留まらない。ユーザ属性に関しても、例えばNotesユーザ管理の場合はドミノディレクトリのユーザ文書に用意されているフィールドであれば任意で追加項目の指定が可能など、メンテナンスできなかった項目を後から手作業でメンテナンスする、ということも一切なく、全ての処理を処理データに含めることが可能。


●処理データの作りやすさ

システムパラメータ的な情報は所属毎のマスタルールで設定しておくことが可能となっており、人事DB等で持っているような最小限の情報から完全な処理データを自動生成する仕組みを標準提供。


●他システムアカウント処理との連携

Notesのユーザ管理のみに留まらず、ActiveDirectoryやLDAPなどの異なるプロバイダのユーザ処理もSUAにて行うことが可能。

FAQで解決しなかったら

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます