• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2485
  • 公開日時 : 2013/03/29 18:12
  • 印刷

外部LDAPを参照して802.1X認証を行う場合、使用できるEAPプロトコルに制限はありますか?

外部LDAPを参照して802.1X認証を行う場合、使用できるEAPプロトコルに制限はありますか?
カテゴリー : 

回答

IDとパスワードで認証を行うプロトコルを利用する場合、LDAPサーバ上のパスワード属性が平文で格納されており、EPSから参照することが可能な場合は、以下の認証プロトコルが利用できます。

・PAP
・CHAP
・EAP-MD5
・EAP-LEAP
・EAP-TTLS/PAP
・EAP-TTLS/MS-CHAPv2
・EAP-PEAPv0/MS-CHAPv2

【注意】
LDAPサーバにパスワード属性が暗号されて格納されていたり、外部からLDAPで参照することができない場合は、シンプルバインド機能(V3.0.7以降にて対応)を使用して認証する必要があります。ただし、シンプルバインド機能を使用する場合はPAP、EAP-TTLS/PAPのみ使用できます。

シンプルバインド認証とは何ですか?

FAQで解決しなかったら

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます