• No : 9892
  • 公開日時 : 2017/11/07 11:29
  • 更新日時 : 2017/11/07 14:35
  • 印刷

V3.2.20 インストールメディアの修正内容/制約事項/注意事項

InfoTrace PLUS V3.2.20 インストールメディアで修正される内容や制約事項等があれば教えてください。
カテゴリー : 

回答

●V3.2.20 インストールメディアの写真
 「3.2.20」製品メディア(黒色)SSS3220
file_image
 
※既存のユーザー様には、ISOイメージでダウンロードしていただくことが可能です。
 ・InfoTrace PLUS V3.2.20 ISOイメージ
  https://www.soliton.co.jp/support/soliton/software/infotrace_plus/iso.html
 
-------------------------------------------------
 改善項目
-------------------------------------------------
1. Windows Server 2016 環境に対応
 
InfoTrace PLUS/Zerona/Zerona PLUS をWindows Server 2016 環境でご利用の際には、
インストールメディア(DVD または iso イメージファイル)による新規インストールが必要です。
(※V3.2 アップデートパック 20 のモジュール適用では、Windows Server 2016 での利用はできません。)
 
※インストールメディアに依存しない、新機能、改善項目は、最新のアップデートパックのリリースノートをご確認ください。
 https://www.soliton.co.jp/support/soliton/software/infotrace_plus/itp_v32x.html
 
-------------------------------------------------
 制約事項/注意事項
-------------------------------------------------
1. 【重要】Windows Server 2012 / Windows 8以降のOSは、
Windows Update サイトに接続できる環境で
Manager系コンポーネントのインストールを実施するか、
事前に 「.NET Framework 3.5」をインストールしてください

 
Windows Server 2012以降 / Windows 8 以降のOSの制限により、
Windows Update サイトに接続できない環境では、
InfoTrace PLUS Manager系コンポーネントのインストール時に
「.NET Framework 3.5」が自動でインストールされないため、
Manager系コンポーネントのインストールが失敗し、正常に動作しません。
必ず、Windows Update サイトへ接続可能な環境でインストールするか、
または下記のマイクロソフト社の手順に従い、
事前に「.NET Framework 3.5」をインストールしてから
Manager系コンポーネントをインストールしてください。

 
.NET Framework 3.5 インストール エラー: 0x800F0906、0x800F081F、0x800F0907
http://support.microsoft.com/kb/2734782/ja
 
Soliton Smart Security Controller(e-Care Controller)のインストールにおいては、
インストール中にエラーが発生し、完了しても正常に動作しません。
ンストールを強制的に中断させた場合は、その後、インストールや
アンインストールもできなくなります。
対処方法等の詳細については、下記のFAQサイトを参照してください。

 
FAQ4866 2012以降のOSで「SQL データベース ( Manager ) のアタッチに失敗しました」というエラーが出ます
https://secure.okbiz.okwave.jp/faq-soliton/faq/show/4866
 
FAQ4939 .NET Framework 3.5を有効化する方法
https://secure.okbiz.okwave.jp/faq-soliton/faq/show/4939
 
2. Manager系コンポーネントのネットワークドライブからのインストールはサポート対象外
 
Manager系コンポーネント(e-Care Controller含む)の
新規インストールおよびアップデートインストールは、
DVDメディアからインストールしてください。
DVDの内容をコピーして利用する場合は、
必ずローカルフォルダにコピーしてからインストールしてください。
ネットワークドライブからのインストールはサポート対象外となります。
 
3. e-Careもしくは、Smart Registration Managerを含む
Manager系コンポーネントをインストールする際に時間がかかる場合がある
 
Windows Server 2012以降のOSで、Windows Updateが実行中に、
e-Careもしくは、Smart Registration Managerを含む
Manager系コンポーネントをインストールすると
tiworker.exeというプロセスの負荷によりインストールに時間(約1時間ぐらい)がかかる場合があります。
tiworker.exe は、Windows Module Installer Worker であり、
Windows Update処理中に動作します。
インストールする際は、tiworker.exe プロセスの状況を確認して頂き、
Windows Update処理終了後にManager系コンポーネントのインストールをしてください。
 
以上です。